西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)

西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)のつづき
さて、左折の看板に気づくのが遅れ
あわてて曲がるのも面倒くさいので直進。

「ま、道はつながってるし」

こんな感じなので、いまだにカーナビ要らず。
わたくし、太陽と時計さえあればどこでも行けるタイプです。
それにくわえて現地の人と遭遇できれば、精度は格段にあがります。
コミュニケーション大事。

今回は直進した先にも案内看板があったので指示通りに左折。
そこから先は要所要所に看板とかノボリとか出てるので
あっというまに迷うこともなく砂ゆっこ到着。

太陽ナビの出番無し。

職員の皆さん、看板たててくれてありがとうございます。
とっても助かりました。

で、温泉のおはなし。

外観が想像していたものよりずっと「お風呂屋さん」してたことに、妙な安心感。
個人的にいかにも「観光温泉」ってちょっと苦手なもので(笑)

しかも駐車場には2台のみ
「よしよし」
一番風呂満喫に期待が高まりほくそ笑むわたし。

のれんをくぐって中に入ったら
いい感じにコンパクトな玄関口で
受付のお姉さんが笑顔でウエルカムしてくれました。

大事ですよね、ファーストコンタクトの笑顔。

家族そろって作りが単純なので
受付のお姉さんが笑顔で迎えてくれただけで

砂ゆっこ最高(まだ入ってないけど)

というわけでこちらも笑顔で
「はじめてなのでどうしていいかわかりません」
と、カミングアウト。

受付のお姉さんは
砂湯デビューにワクワクしている3人組に
わかりやすくていねいに説明してくれました。

あれからひと月たちますが
説明をうけたなかで唯一覚えている説明が

「下着も脱いで裸で浴衣に着替えてください」

「裸って。。。マッパですか?

というわけで、「浴衣ネタ」にちょっと不安をいだきつつ
それぞれの脱衣所に分散。

マジすか。
マッパすか。

指示通り、全裸に浴衣装着。

この浴衣
ちょっと丈が短いです

身長170㎝(やや過大表現)の私でも膝下くらいしかありません
というわけで、あっちもこっちもスースーです。

落ち着かね~
風通し良すぎだろ

と思いながらも張り紙の指示に従い
内風呂を抜けて
全裸に浴衣だけ着たおっさんは
てくてく通路を歩く

意外と距離あるね



おっ

おおおっ

おおおおおっ



砂、超砂。



アッツっ
砂場アッツ




長いので、また続く


[PR]
by 3po-studio | 2015-06-03 22:39 |
<< windows10のアップグレ... 西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編) >>