タグ:西和賀 ( 6 ) タグの人気記事

西和賀紀行(ソフトクリームのあとは熱いソバでしょ編)

ついに
やっと
2015年ゴールデンウィーク
サンポスタジオ職場家族旅行
西和賀紀行もいよいよエンディング
温泉→おやつ(ソフト&団子)ときて西和賀名物「十割そば」です
過去記事はこちら
①西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)
②西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)
③西和賀紀行(砂ゆっこ満喫編)
④西和賀紀行(風呂上りにまったり編)
⑤西和賀紀行(ソフトクリームで至福のひととき編)

というわけで
おなかもすいてきたので
お昼を食べに、ほっとゆだ駅前の「湯夢ぷらざ」へ。

ちょうど昼時間だったので満席でした。
入口で名前と人数書いて待っていると、ほどなく呼ばれて着席。

温泉+初夏を思わせる天候に
「あっつ~」
を連発してたので3人とも冷し系のそばと思いきや
私だけ迷わず
「あったかいの」

真夏でも
コーヒーはホット
ソバはあったかいの
かき氷よりソフトクリーム
賛同者募集中(笑)

...
...
...
(1ヵ月前のことなので何食べたか忘れた)
...
...
...

というわけで食レポ省略。
次回、西和賀紀行2015秋(予定)に期待してください。

はっきり覚えてるのは

「漬物うめ~~~」
「食べてみ、超美味いから」

って、かみさん絶賛。
お食事のお客様には無料で漬物セルフサービス(2015年5月2日現在)

他のお客さんみてても、てんこ盛りの漬物食べてる人いるし。
いやいや食べすぎでしょ、その量は。

お店の人にお土産に買いたいんだけどって聞いてる人までいたよ。
売ってないからまた食べにきてって言われてた。
そんなにうまいんだ、私はいらないけど(漬物苦手)

というわけで
蕎麦(そば)好きだけじゃなく
漬物好きも大満足な、ほっとゆだ駅前の「湯夢ぷらざ
駐車場も広いし、特産品や観光案内所もあるので
西和賀で行く先に迷ったら、とりあえず寄ってみるのがいいと思います。

お昼も食べて大満足の3人組
反省会しながらブラブラ帰路につきました。

長い間おつきあいいただいた「西和賀紀行(2015春)」

おしまい。


さて、次は。。。。。網張で足湯かな。



[PR]
by 3po-studio | 2015-06-09 22:34 |

西和賀紀行(ソフトクリームで至福のひととき編)

ついに
やっと
風呂上りの至福のひとときをお伝えできます。
長かったな、ここまでのくだり(笑)

過去記事はこちら
?西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)
?西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)
?西和賀紀行(砂ゆっこ満喫編)
?西和賀紀行(風呂上りにまったり編)

というわけで

温泉の向い側に停められていた
古いトラクターの姿に萌えつつ
無人直売所で花苗をお買い上げ。
満喫しまくった砂ゆっこを出発です。

ありがとう砂ゆっこ
また来るよ〜
次は熱いから一番風呂はやめとくね〜(笑)

というわけで
風呂上りにぐだぐだしてた休憩場所の
自衛隊のポスターのそばに貼ってあった
西和賀案内で気になった「結ハウス」へ向けて出発。
湯田牛乳公社直営で
自分とこの牛乳と生クリームでつくったソフトクリームって
たまらんでしょ。

期待度高いです。

途中ぶらぶらしつつ
「たぶんこっちだろ」
っていう野生の感覚ナビで無事到着。

店の前のテントで臨時販売していた
炭火焼の醤油団子の香ばしいかおりにくいつく3人。

いや、ちがう。
目的はソフトクリームだから。

誘惑をふりきって入店。

「ソフトクリーム3つ」

でてきたソフトクリームがこれ


d0117430_13183738.jpg

うめ〜〜〜〜〜〜っ
超うめ〜〜〜〜〜〜っ

おいしい。
おいしすぎる。

身体の芯まで温まったあとの
冷たいソフトクリームの喉ごし
甘すぎず濃厚すぎずの絶妙なバランスの味

しあわせ。

ソフトクリームがこれだけ美味しいんだから
他の乳製品も相当ヤバイでしょ。

しか〜し
まだまだこれからブラブラしたいので
「また来るし」
と、あっさり撤収

のはずが、みごとに焼き団子の香ばしいかおりに捕獲される。

「団子、3本ください」

焼きあがるないなやその場で速攻立食。

「ん?」

すぐに味が伝わってこない、おっさん1名。

これは口の中が冷えてるせいで
けっして加齢性のレスポンス低下ではない。

きた〜〜っ。
おぉぉぉ、うめ〜〜〜っ。
焼きたてうめ〜〜〜〜っ。

ちょっと食ったら腹減ったな

というわけで
ほっとゆだ駅前の「湯夢ぷらざ」へ
名物の「十割そば」を食べに、出発。


つづく
[PR]
by 3po-studio | 2015-06-09 15:00 |

西和賀紀行(風呂上りにまったり編)



やっと風呂からあがった西和賀紀行
さて温泉のあとは。。。。

過去記事はこちら
①西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)
②西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)
③西和賀紀行(砂ゆっこ満喫編)


というわけで

ぽかぽかあったまった身体に
キンキンに冷えた牛乳を一気に流し込む

う、うめぇ

細胞レベルで湯田牛乳(イメージ)

あっというまに牛乳を飲みほし
まだ女子2名が風呂からでてこないので
こあがりの畳の休憩スペースでごろごろぐだぐだしてみる。

他に誰もいないのをいいことに
完全リラックスモードで横になる
だらしないおっさん1名


いっそこのまま眠りたい。。。。


とおもいながら視線を動かしたら

ん?


おぉぉぉぉ

自衛隊 求人活動中

d0117430_10160136.jpg

震災のときには
とてもお世話になった自衛隊の皆さん。
本当にありがとうございました。

このゆるいブログで感謝の意も失礼な気がしますが
心の底から感謝してます。



気になったのが
ポスター右下の鉄瓶キャラたち。

「いわてっき3兄弟」



d0117430_10162503.jpg



ぜひこちらのリンク先で
いわてっき3兄弟のイラストの上に
カーソル重ねてみてください。

表情が「アレ」に変わります。

アレが何かは自分で試してみてね。

とてもシュールな4コマまんが
「なんとなく匍匐前進」もオススメです(笑)






あ、

ソフトクリーム編のはずが。。。。



つづく
[PR]
by 3po-studio | 2015-06-06 10:29 |

西和賀紀行(砂ゆっこ満喫編)

週刊マンガ並みに
なかなか先に進まない西和賀紀行
過去の記事はこちら
①西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)

②西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)

というわけで、つづき


目の前に広がる異空間
それは

す・な・ば

ごめんなさい、もっとチマチマした感じだと思ってました。
パンフレットの写真で判断しちゃいけませんね、現場に行かないと。

みなさんも西和賀の砂ゆっこに行って確かめてみてください。
一気にテンションあがるから(笑)

だって

温泉なのに目の前に広がる砂場
等間隔に掘られた人幅くらいの浅溝
そこに整然と並べられた木片
そして全身にまとわりつく熱気

すげぇ
すげぇよ、砂ゆっこ

自然と笑いがこみあげてくる
西和賀の異空間、砂ゆっこ

そして
初体験にテンションMAXな、お気楽3人組。

「一番風呂なのでちょっと熱いから無理しないでくださいね~」

といいながらチャチャッと畑耕用のクワみたいな道具を操り
湯船(砂場)を整える、スタッフ。

手つき良すぎ
さすがプロ。

「熱いな~、ちょっと熱すぎるかも」
「一番風呂は熱くてキツイんだよね~」


デビュー戦を目の前にした砂湯初心者の
期待と不安を見事にあおるスタッフ。

「では、頭を枕のうえにのせて寝てください」

スタッフの入湯許可がでて
ついに砂場にその第1歩を踏み入れた3人組。

「熱いでしょ」

え?
そんなに熱くな~い。

「大丈夫ですよ~」


まだ足の裏だけだけど
あったかいくらいで熱くはない。


「いやいや、今日は本当に熱いから無理しないでね」
「低温やけどになったら大変だから


いやいや、そんな脅さなくても。
スタッフにうながされて仰向けに寝転がる3人組。

「あったけ~」

砂の溝に横たわると背中と肩に心地よいじんわり感。
なにこれ、砂かけなくても最高に気持ちいい。
肩こりとれますよ、これ。
じんわり感がたまりません。

すでに陶酔レベルに達してる私に
ビシッと入湯時の注意点を説明するスタッフ。
(とにかく、熱さを我慢するなと言われた気がする)

「かけますよ~」

じょじょに砂に埋められいく3人組



「うぉ~~~い」



「あーーーーっはははははっーーーほぉおおおおおお」



「お、重っ。。。。あっつっ」




・・・・・・
・・・・・・


修行
それは自分自身との戦い

・・・・・・
・・・・・・

(1名離脱)

・・・・・・
・・・・・・


体験した者でなければわからない世界が
そこに確かに存在する

・・・・・・
・・・・・・

(さらに1名離脱)

・・・・・・
・・・・・・

考えるな、感じろ

・・・・・・
・・・・・・

「ダメ、もうダメ、あっつ、出まーす」


がんばりました、私。
父親の威厳のために。
無意味ながんばりのせいで、ふくらはぎと足の甲が若干低温やけどぎみ?
アホです。

教訓
スタッフのお姉様がたの注意は守りましょう。

というわけで
楽しいひとときも砂の熱さに負けてあっという間に終りを告げ
内湯で砂を洗い流して終了なのですが
ここで最後の試練が・・・・・


内湯、熱い(笑)


マックスで火照った身体が内湯の熱さに耐えられず
せっかく貸切状態の湯船を秒殺で撤退し
温度のつまみも35度くらいに下げたシャワーでクールダウン。

あらゆることが
面白すぎるぞ、砂ゆっこ


で、温泉からでたら
やっぱり牛乳でしょ。

西和賀といえば、湯田牛乳
これが湯田牛乳(with パンフレット

d0117430_16542597.jpg



最高です、風呂上りの牛乳。
最高です、砂ゆっこ

さて

風呂入って
牛乳飲んだら

次は・・・アレ。

いつもの、アレ。



そうだ、ソフトクリーム食べに行こう!

ってことで、次回ソフトクリーム編に続く。











[PR]
by 3po-studio | 2015-06-05 17:25 |

西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)

西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)のつづき
さて、左折の看板に気づくのが遅れ
あわてて曲がるのも面倒くさいので直進。

「ま、道はつながってるし」

こんな感じなので、いまだにカーナビ要らず。
わたくし、太陽と時計さえあればどこでも行けるタイプです。
それにくわえて現地の人と遭遇できれば、精度は格段にあがります。
コミュニケーション大事。

今回は直進した先にも案内看板があったので指示通りに左折。
そこから先は要所要所に看板とかノボリとか出てるので
あっというまに迷うこともなく砂ゆっこ到着。

太陽ナビの出番無し。

職員の皆さん、看板たててくれてありがとうございます。
とっても助かりました。

で、温泉のおはなし。

外観が想像していたものよりずっと「お風呂屋さん」してたことに、妙な安心感。
個人的にいかにも「観光温泉」ってちょっと苦手なもので(笑)

しかも駐車場には2台のみ
「よしよし」
一番風呂満喫に期待が高まりほくそ笑むわたし。

のれんをくぐって中に入ったら
いい感じにコンパクトな玄関口で
受付のお姉さんが笑顔でウエルカムしてくれました。

大事ですよね、ファーストコンタクトの笑顔。

家族そろって作りが単純なので
受付のお姉さんが笑顔で迎えてくれただけで

砂ゆっこ最高(まだ入ってないけど)

というわけでこちらも笑顔で
「はじめてなのでどうしていいかわかりません」
と、カミングアウト。

受付のお姉さんは
砂湯デビューにワクワクしている3人組に
わかりやすくていねいに説明してくれました。

あれからひと月たちますが
説明をうけたなかで唯一覚えている説明が

「下着も脱いで裸で浴衣に着替えてください」

「裸って。。。マッパですか?

というわけで、「浴衣ネタ」にちょっと不安をいだきつつ
それぞれの脱衣所に分散。

マジすか。
マッパすか。

指示通り、全裸に浴衣装着。

この浴衣
ちょっと丈が短いです

身長170㎝(やや過大表現)の私でも膝下くらいしかありません
というわけで、あっちもこっちもスースーです。

落ち着かね~
風通し良すぎだろ

と思いながらも張り紙の指示に従い
内風呂を抜けて
全裸に浴衣だけ着たおっさんは
てくてく通路を歩く

意外と距離あるね



おっ

おおおっ

おおおおおっ



砂、超砂。



アッツっ
砂場アッツ




長いので、また続く


[PR]
by 3po-studio | 2015-06-03 22:39 |

西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)

投稿予告から早。。。。。

もう思い出は彼方へ。。。。



あ、行ったの5月2日です(笑)


GWのお話が月末で申し訳ございません。

日々
Unityだの
Blenderだの
HTML5だの
CSS3だの
お勉強にいそしんでました。
(「おぉぉ!」と思った方、新しいコンテンツにご期待ください(笑))



というわけで
薄れた記憶をたどって
2015年春の西和賀紀行


目指すは西和賀町の「砂ゆっこ」

地図で見れば
盛岡の左下(南西)
北上の左(西)
秋田境の西和賀町。

この辺↓



Goggle先生のいうことには
盛岡駅からだと
御所湖を抜けて県道1号経由で
「63.7km1時間25分」
で着くらしい。

なんたってGW
田舎といえども幹線道路は渋滞しますし
北上経由だと107号が一部通行止めだったので
迷わず山の中の最短コースを選択。

温泉いくなら
やっぱネライは一番風呂でしょう

しかも田植えシーズンですから
出遅れたら農作業後の皆さんで温泉は混雑必至(妄想)


ってことで
入浴前のサンポの時間も考慮して
7時ごろ盛岡出ればいいなと思ってたら
既に8時。。。



出遅れた(笑)

いつものことだから
全く気にせず出発。

南イオンの近くのコンビニで朝食を仕入
太田を抜けて
20年前には仮面ライダーが立ってた公園を通過し
御所湖通過到着。

お~~~~っ
岩手山キレイ。
御所湖ミラー!
d0117430_06221073.jpg

天気もいいし
風もないし
穏やか穏やか

繋温泉街を抜け
昔プールだったあたりの変化に驚きつつも
西へ西へ


「けんじワールドの方だよね」
「もうやってねえよ」

って脳内ツッコミしつつ鴬宿方面へ。



今は植物園になっている「森の風」が見えてきたら

【県道1号(西和賀←)】

の看板を左折。

あとは西和賀まで道一本。

鼻歌混じりで快適ドライブ。
(BGMは、いつもメタルですが)



あの。。。。道立派ですけども。

すみません
地図だけ見て山道だと思ってなめてました。

快適です。
くねくねしてないです。
のんびり走れます。

でも。。。。コンビニ無いのでトイレは盛岡で済ませましょう。


トイレの緊張感を引きづりつつも
あっさり西和賀エリアに突入。

ここからは場所がわからないので看板頼み

どこでしょう「砂ゆっこ

と持ってたら

「あ、左だって。。。。」


長いので続く(笑)
[PR]
by 3po-studio | 2015-05-28 00:46 |