タグ:サンポ ( 23 ) タグの人気記事

八幡平 茶臼岳 2015秋 (5)

d0117430_16005145.jpg
茶臼岳
山頂付近でムシ目線。

雪の季節になったのに
濃い

ミドリ
濃い

生命感出まくり。


[PR]
by 3po-studio | 2015-10-22 17:00 | 山・森

八幡平 茶臼岳 2015秋 (4)

d0117430_13094561.jpg
雪みっけ

さすがに日向にはありませんでしたが
日陰にはあちこちに雪が。

八幡平から見える岩手山の北斜面にも
白いスジがチラホラと。

岩手県内各地
10月も下旬になろうというのに
日中20℃超えたりしてるところも少なくないですが
山はしっかり冬に近づいてます。



[PR]
by 3po-studio | 2015-10-21 14:00 | 山・森

八幡平 茶臼岳 2015秋 (3)

d0117430_09335406.jpg
赤い実
白い木
青い空

トリコロ~ル!

ダケカンバ feat. ナナカマド(たぶん)

[PR]
by 3po-studio | 2015-10-20 12:00 | 山・森

八幡平 茶臼岳 2015秋 (2)

d0117430_22495537.jpg

早池峰
雲海
岩手山。


階段
赤い実
笹もりもり。

茶臼岳登山口がら入ってすぐ
急登の階段を登って振り返る。

雲海の向こうに見えるのが、早池峰山。
ちょうど左側の木でかくれてますが、尖がった姫神山。
雲海はさんで岩手山。
頂上からは秋田駒はもちろん、遠くに鳥海山も見えました。
秋晴れナイス!



[PR]
by 3po-studio | 2015-10-19 23:06 | 山・森

八幡平 茶臼岳 2015秋 (1)

d0117430_12391757.jpg
快晴
雲海
笹の葉もりもり

久々の八幡平茶臼岳

絶好のさんぽ日和。

この角度から岩手山の東側の稜線を見るといつも思う。。。。




滑りたい。

[PR]
by 3po-studio | 2015-10-19 13:00 | 山・森

バタフライ・ガーデン

d0117430_10130627.jpg
となりのキャベツ畑が、かなりファンタジーワールドと化してます。

春のいっせい羽化キャンペーン実施中的な。

モンシロチョウきれいです。

でも

俯瞰写真にしたら。。。。。臨場感ゼロ(笑)

というわけで

花蜜供給基地となっている我が家で
お食事真っ最中の写真で。

[PR]
by 3po-studio | 2015-06-11 12:00 | 昆虫

そろそろですね(梅)

d0117430_08340368.jpg
だいぶ実がふくらんできた我が家の梅
そろそろ収穫かなぁ

で、難しいのが収穫のタイミング

その後の天日干しで梅干しの仕上がりが大きく左右されるので
週間天気予報が気になって気になって

この後は
週末の雨の後は1週間くらい晴れそうですな

ふっふっふっふ

[PR]
by 3po-studio | 2015-06-11 09:00 | 植物

西和賀紀行(風呂上りにまったり編)



やっと風呂からあがった西和賀紀行
さて温泉のあとは。。。。

過去記事はこちら
①西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)
②西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)
③西和賀紀行(砂ゆっこ満喫編)


というわけで

ぽかぽかあったまった身体に
キンキンに冷えた牛乳を一気に流し込む

う、うめぇ

細胞レベルで湯田牛乳(イメージ)

あっというまに牛乳を飲みほし
まだ女子2名が風呂からでてこないので
こあがりの畳の休憩スペースでごろごろぐだぐだしてみる。

他に誰もいないのをいいことに
完全リラックスモードで横になる
だらしないおっさん1名


いっそこのまま眠りたい。。。。


とおもいながら視線を動かしたら

ん?


おぉぉぉぉ

自衛隊 求人活動中

d0117430_10160136.jpg

震災のときには
とてもお世話になった自衛隊の皆さん。
本当にありがとうございました。

このゆるいブログで感謝の意も失礼な気がしますが
心の底から感謝してます。



気になったのが
ポスター右下の鉄瓶キャラたち。

「いわてっき3兄弟」



d0117430_10162503.jpg



ぜひこちらのリンク先で
いわてっき3兄弟のイラストの上に
カーソル重ねてみてください。

表情が「アレ」に変わります。

アレが何かは自分で試してみてね。

とてもシュールな4コマまんが
「なんとなく匍匐前進」もオススメです(笑)






あ、

ソフトクリーム編のはずが。。。。



つづく
[PR]
by 3po-studio | 2015-06-06 10:29 |

西和賀紀行(砂ゆっこ満喫編)

週刊マンガ並みに
なかなか先に進まない西和賀紀行
過去の記事はこちら
①西和賀紀行(盛岡→西和賀移動編)

②西和賀紀行(砂ゆっこデビュー編)

というわけで、つづき


目の前に広がる異空間
それは

す・な・ば

ごめんなさい、もっとチマチマした感じだと思ってました。
パンフレットの写真で判断しちゃいけませんね、現場に行かないと。

みなさんも西和賀の砂ゆっこに行って確かめてみてください。
一気にテンションあがるから(笑)

だって

温泉なのに目の前に広がる砂場
等間隔に掘られた人幅くらいの浅溝
そこに整然と並べられた木片
そして全身にまとわりつく熱気

すげぇ
すげぇよ、砂ゆっこ

自然と笑いがこみあげてくる
西和賀の異空間、砂ゆっこ

そして
初体験にテンションMAXな、お気楽3人組。

「一番風呂なのでちょっと熱いから無理しないでくださいね~」

といいながらチャチャッと畑耕用のクワみたいな道具を操り
湯船(砂場)を整える、スタッフ。

手つき良すぎ
さすがプロ。

「熱いな~、ちょっと熱すぎるかも」
「一番風呂は熱くてキツイんだよね~」


デビュー戦を目の前にした砂湯初心者の
期待と不安を見事にあおるスタッフ。

「では、頭を枕のうえにのせて寝てください」

スタッフの入湯許可がでて
ついに砂場にその第1歩を踏み入れた3人組。

「熱いでしょ」

え?
そんなに熱くな~い。

「大丈夫ですよ~」


まだ足の裏だけだけど
あったかいくらいで熱くはない。


「いやいや、今日は本当に熱いから無理しないでね」
「低温やけどになったら大変だから


いやいや、そんな脅さなくても。
スタッフにうながされて仰向けに寝転がる3人組。

「あったけ~」

砂の溝に横たわると背中と肩に心地よいじんわり感。
なにこれ、砂かけなくても最高に気持ちいい。
肩こりとれますよ、これ。
じんわり感がたまりません。

すでに陶酔レベルに達してる私に
ビシッと入湯時の注意点を説明するスタッフ。
(とにかく、熱さを我慢するなと言われた気がする)

「かけますよ~」

じょじょに砂に埋められいく3人組



「うぉ~~~い」



「あーーーーっはははははっーーーほぉおおおおおお」



「お、重っ。。。。あっつっ」




・・・・・・
・・・・・・


修行
それは自分自身との戦い

・・・・・・
・・・・・・

(1名離脱)

・・・・・・
・・・・・・


体験した者でなければわからない世界が
そこに確かに存在する

・・・・・・
・・・・・・

(さらに1名離脱)

・・・・・・
・・・・・・

考えるな、感じろ

・・・・・・
・・・・・・

「ダメ、もうダメ、あっつ、出まーす」


がんばりました、私。
父親の威厳のために。
無意味ながんばりのせいで、ふくらはぎと足の甲が若干低温やけどぎみ?
アホです。

教訓
スタッフのお姉様がたの注意は守りましょう。

というわけで
楽しいひとときも砂の熱さに負けてあっという間に終りを告げ
内湯で砂を洗い流して終了なのですが
ここで最後の試練が・・・・・


内湯、熱い(笑)


マックスで火照った身体が内湯の熱さに耐えられず
せっかく貸切状態の湯船を秒殺で撤退し
温度のつまみも35度くらいに下げたシャワーでクールダウン。

あらゆることが
面白すぎるぞ、砂ゆっこ


で、温泉からでたら
やっぱり牛乳でしょ。

西和賀といえば、湯田牛乳
これが湯田牛乳(with パンフレット

d0117430_16542597.jpg



最高です、風呂上りの牛乳。
最高です、砂ゆっこ

さて

風呂入って
牛乳飲んだら

次は・・・アレ。

いつもの、アレ。



そうだ、ソフトクリーム食べに行こう!

ってことで、次回ソフトクリーム編に続く。











[PR]
by 3po-studio | 2015-06-05 17:25 |

BRTに乗ってみた

BRTって聞いたことありますか?

津波で鉄道が流された大船渡線の代わりに
線路をアスファルトで埋めてBRT専用道路にして
列車の代わりにバスを走らせてるやつ。

なにせ基本「徒歩&自転車」なので
特に乗る必要性も無く・・・・いや、乗ろうよ1度くらい。

ってことで、本日試しに乗ってみた。
大船渡駅→盛駅の1区間だけだけど。
ひと駅で片道140円。

JRだと思えば当たり前なんだけど
路線バスだと思うと安く感じる微妙な料金。

いや、JRの列車扱いなんですよこれ。
JR東日本のSuica使えますし(BRT専用のodecaもあるよ)


乗り心地は、まんまバス。
いや、車両が新しいのとハイブリッドなので
静かな分だけ古いディーゼル路線バス以上。
快適です。

難を言えば・・・座席の足元狭いかな~

BRTはあくまで暫定路線とのことですが
議員さんや各種団体が要望している鉄路復旧については
地元の市民レベルでは賛否両論いろいろ話がでてます。

私個人としては
乗ってみたらとても快適だったこと

列車が鉄道を走るときのガタゴト音や
ブレーキのキーーーーーッっていうかん高い音が無くなって
とても静かな夜になったこと

復興工事の進捗や人の流動にあわせて
駅や経路がフレキシブルに対応できていることなど

個人的にはなんの短所もみつからないので
このままBRTでもOKです(笑)

欲を言えば
海外のBRTのように2両連結にして
一般用とサイクリスト用に車両を分けて
輪行袋にいれたり折りたたんだりしなくても
ささっと自転車と一緒に乗れる用になると
通勤通学の人とか駅前に自転車放置しなくていいし
いろいろイベントや旅の企画とか面白そうだなと。

盛~気仙沼間を
自転車とBRTでふらふらするって
けっこう楽しいと思うんだけどな~

それから
BRTって他の車両が入ってはいけない専用道路を走るので
アメリカでは実用に向けて公道テストが始まった自動運転車両とか
導入できないのかな?

交通インフラの先端事例として
視察のお客様を呼べれば交流人口もふえると思うんだけどな~

いずれにしろ
今の利便性だけじゃなく
20年後とかの未来を想像して計画していかないとね。

なんか、街のインフラ考えるのって
未来を妄想できて楽しいな。

住んでるひとも
訪れるひとも
楽しい街になればいいな、どの街も。



[PR]
by 3po-studio | 2015-06-04 22:55 |